マルチリンガールがミニマリスト・海外就職を目指すブログ

本職は保健師・医療通訳でした。中国語を台中で勉強後、就職で路頭に迷っています。

ミニマリスト生活近況報告。運気って大切だと思った。

こんにちは、ミニマリストになりたい茉莉です。

 

完全事後報告でなんなのですが、引っ越しました。

 

まあ、引っ越しは前住居の大家さんの都合でなのだけど、

私たちとしてはさっさと仕事を見つけたいので、4か月契約。

 

内覧をした際は、もう一つ内覧した部屋が狭すぎたのもあり、この部屋に即決。

「どうせ4か月くらいだし。」

と軽い気持ちで決定。

 

外への窓がない(廊下への通風口のみ)のは少し気になっていたけど、あまり考えていなかった。

昔、大阪で住んだシェアハウスも窓がなかったけどそこまで苦ではなかったし、

そのときは「窓がなくても案外いける」と思ったから。

 

今回の問題点

大方全ての荷物を搬入した日、彼氏の姉夫婦が協力してくれた。

そのときに、「この部屋、空気良くないよ」って言われた。

 

私たちは「そうかな?まあ4か月程度だし大丈夫でしょう」って

かなり軽く考えていたんです。

 

 

私がおかしいな…と思いだしたのは、引っ越しして入居した日。

 


f:id:minimabroad:20180907101752j:image

荷物搬入して、かなり荷物に支配されたお部屋。

 

 

ふとお話していると、

部屋で呼吸がしづらくなって息が浅くなった。

 

通気口は全開だし、換気扇はついてるし風は巡回しているはずなのに。

 

それから、毎日悪夢にうなされるようになり、ついにはねられなくなった。

ずっと流水音みたいなものが聞こえていて、

耐えられず耳栓をしたのだけど耳栓をしているのに耳鳴り…なんで。

 

睡眠導入のサプリメント服用して、やっと少し寝れたかな…?と起床すると、左肩に激痛。

私、左肩が重たい時、大概霊能師や霊感がある人から「左肩にだれか憑いてる」と言われるんです。

いつもならあまり気にしないけど、今日は「やばい」と確信。

 

彼氏が部屋中に塩をまいてくれたあと、仮眠をとると左肩の痛みがほぼ消えていて

鳥肌が立ちました…なんだこれ。

 

特に怖い現象が起きたわけではないけども、

「この部屋にい続けるのはちょっとまずい」って直感的に思った。

 

確かにこの1週間私は睡眠の質が悪いこともあり、

ずっと彼氏に相談していたけど

 

彼氏は全く気に留めてくれず

私の倦怠感は私の怠けだと思われていた。(´;ω;`)ウゥゥ

 

それが一睡も出来なくなったのを知り、流石にやさしくなって、私の倦怠感も少し受け止めてくれるように。

 

 

同時期、彼氏のスマホ画面が突如不具合が起きたり、

設置しているWi-Fi機器が電波障がいを起こしたり、

正直空気のよどみどころか何か大きな電磁波が起きているよう。

 

 

幸い、彼氏には何も身体不調がないらしく、なによりですが

今回のことで運気ってある程度大切なのだと実感しました。

 

物は少ないに越したことはないし、部屋は別に広くなくてもいい。

でも、健康的で幸福な生活を送りたければ、部屋選びは慎重にならねばならないですね。

 

といいながら、この部屋で今ブログを書いてますが(笑)

 

とりあえず、彼氏が私の奇行?を心配して、

この部屋の情報を調べたところ特記することはなかったようで、

 

本当に「気持ち次第」なんだろうな、うん。←現在、こう言い聞かせていますw 

 

そんなわけで、カミーノサンティアゴ巡礼から帰国後すぐにまた引っ越しをするので、

ますます断捨離に磨きをかけてミニマリスト化していきたいと思いました。