マルチリンガールがミニマリスト・海外就職を目指すブログ

本職は保健師・医療通訳でした。中国語を台中で勉強後、就職で路頭に迷っています。

身体こそが大切だと思った【カミーノサンティアゴ巡礼3日目】

 

こんにちは、ミニマリストになりたい茉莉です。

 

 

 

2018年9月24日カミーノ3日目

ズブリからパンプローナまで20キロ頑張りました!

7時出発の14時到着

 


f:id:minimabroad:20180926052707j:image

 

パンプローナはみんな「酒飲みの町で綺麗じゃない」ときいていたけど

意外と家並みが綺麗でした。

 

今日の宿泊先はAlbergue Jesus y Maria

 

ここは、教会を改装したアルベルゲ。

大広間にみんな寝るタイプですが、なかなかスペシャル。

 

ちなみに、昨日宿泊していた人たち、ほぼまた同じアルベルゲ(笑)

 

良いところは、ランドリー無料!乾燥は有料だけど。

後は、綺麗なシーツが配布されるので、安全。

Wi-Fiも速め!

 

難点は、シャワーが手を離せない。ずっと押さないと水が出ないので不便。

あとは、トイレに便器がないです。

私みたいな外出時は便器に腰掛けない人は関係ないけど(笑)

最後に朝ごはん別費用なのに、質素すぎる🤔

 

 

ちなみに、ここのスタッフさんがおすすめのハンバーガーショップを教えてくれたのですが、

まさかのバーガーキング(笑)

 

いいんですよ、スペインは多分バーガーキング珍しいんだよ←適当

 

 

 

3日経つと疲れがでるのもあり

次々とみんなが身体を壊していきます…

 

1日目で語り合った英国女性が

落下して腕を骨折してしまったみたい(>_<)

 

ちなみに、ギブスを臨時で巻いてくれたのは同じ巡礼者日本人医師だとか!

 

誇らしい日本人👍👍

 

 

 

いや、そうではなくて。

 

 

一緒にあるいていた韓国人の男の子も膝を痛め、

手前のアレからバスでパンプローナに合流しました。

 

 

 

別の男の子は右膝を痛めていて、見るからにしんどそう。

 

彼は杖を右で持っていたので、左で持つ方が荷重が丈夫な脚にかかる分、膝への負担が少ないことを説明したけど、

 

やっぱり利き手の持つ杖の方が楽なのか

気がつけばまた右で持っていた…(>_<)

 

私の役不足。。

 

 

私は、足裏がジンジンする程度なので必死にマッサージしています。

 

明日は靴底替えてみようかな。

 

 

 

そんなことを書いているうちに、

同じアルベルゲにいたスペイン女性の医師が

膝を痛めた男子たちのテーピングをサラッとやってのけてくれました。

 


f:id:minimabroad:20180926052816j:image

 

素晴らしい。

 

 

私、看護師の資格あるけど、臨床経験ないから(それとも勉強不足?)

役に立たないな…となんとも複雑な気持ちになりました。

 

 

 

専門まではいかなくとも、応急処置が出来るようになろう。

 

 

保健師として、彼らの怪我がそれ以上悪化しないよう気にかけよう。

 

やっぱり医療職から退きたくないですね。

 

そんな自分の存在意義を考えた1日でした。